マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード   http://moon3kite.blog.jp/
 ・トレイルライドMTB  http://e-bike.blog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・マイコン(M5Stack)できるかな?  http://m5s.blog.jp/

SnapCrab_040

ReCap Proを試してます。Autodesk製です。私が思っていたGPSデータも利用して繋げるようです。一枚作ってみました。

EXIF の GPS タグをサポートしており、自動的にシーンの尺度を調整、および地理的位置を特定
https://www.autodesk.co.jp/products/recap/compare


 
SnapCrab_041

ジグザクでフライトしているだけなので、データ不足のようです。次回、格子状にフライト撮影して試してみます。ReCap Proは、データをクラウドに上たら、あとはクラウド上で計算して、その結果はメールで通知してきます。PCに負荷がかからないから、この点は重宝。

それと、私自身、 Autodeskの3DCAD・Fusion360を使っているので、空撮だけでなく、手元のある立体物の写真をバシバシ撮って、3D化し、それをFusion360に持っていって、修正もできるようなので、それも試しておきたい。

 分かったこと、Autodesk mementoは名称が変わり、Autodesk Remake。さらに、Autodesk ReMakeは、2017年9月7日の時点でスタンドアローンのサブスクリプションとして提供されなくなり、ReCap Photoのサブスクリプションとなった。

Autodesk Remakeをインストしたつもりが、ReCap Photoがインストされたので、調べまくってました(^^;)

SnapCrab_092写真撮影でPTGuiやってみました。びっくりするほど鮮明です。Picasa3に取り込んで、GPS位置確認し、不要な画像を取り除き、PTGui後、エラーになった画像は削除したら、うまく繋がりました。エリアは250x250m程度です。Litchi で2秒間隔のインターバル撮影で344枚。バッテリーの関係上2フライトしました。
SnapCrab_090


MP4_000130029 Panorama
この画像は、Phantom3Proのフライト動画を、GOMPLAYで1秒単位で切り出した71枚の写真を
PTGuiというソフトで繋げたものです。範囲は350mx110m 。元データは→ここから

※使用ドローン
 ・Phantom3Pro

※Litchi(飛行コース計画)

 ・高度50m 幅25m(高度の約半分)
 ・巡航速度15km/s
 ・インターバル撮影2秒(これが最小です)

※パノラマ化の基本条件 
 ・航路上90% 航路幅60%
 ・高度が高いほど巡航速度は速く、低いほど遅くする
  直立に立っているものが直立で2枚撮影できる程度です

※参考
 4.16m/s = 15km/h
  5m/s = 18km/h
 5.55m/s = 20km/h

※パノラマ変換ソフト
 PTGui personal
 https://www.ptgui.com/

 日本語解説
 https://goo.gl/wUizYm

雨が上がったので、自宅の上空100mから、撮影してみました。
写真はクリックで拡大、さらにもう一回クリックすると等倍です。

DJI_0073_stitch

Phantom3Proをはじめてフライトした時、Phantom2より感度が高いな、と感じでましたが、1年ほど経ちますが(時々フライト)、やっぱり違和感。ということで、経験値、感度、ジンバル等の設定を変更し、ゆっくり動く設定に変更しました。

14

03

37

Fotokiteの操作説明の動画ないようなので作ってみました。、ご参考に。
 





※ご注意
Fotokiteは、現在、日本内電波法に定める"技適"に通っていません。
各自がメーカーにメールして、技適を取るように伝えて下さい

Fotokiteに関する情報交換の場を作りました
https://goo.gl/SozJSN






31

14

紐付きドローンFotokiteです。たぶん、国内初ユーザーかと。私が発注したのは、2015/08/19。
クラウドファンデングいう出資が集まってから事業がスタートするというもの。
これを知る前、Facebookの某グループで「紐付きが安全じゃない?」と書いたら、
ものすごいバッシングを受けてしまいました。

その後、TEDで、紐付きドローンを開発している人を知り、俺と同じ考えの人が居たんだぁということで、
出資というより購入を決めました。送料含め$389.00 USD。
予定では、今年の春ということでしたが、進捗状況は随時メールできてましたが、製造過程がすこぶる遅い。
写真もホントかな?調子良くダマされたとかも、と思いましたね。しかし、手元に実際に届いて感激です。



簡単な説明書は入ってましたが、全部、嫌いな英語(^^;)
ペアリングが必要と書いてはあります。また、上昇下降もできるようで、左右にも振れるようですが、
いまだに不明なところが多いです。
04

初フライトの模様です。
なお、このあと、ドローン倶楽部の忘年会で披露。
12畳程度の部屋でも、安全にフライトできました。

DSC_0479

Phantom3Proのペラガート付けたまま背負えるリュックです。購入場所→ここ
ペラは曲がりそうなので、外すことにしますが、これ背負って電動アシストFatBikeで移動~、
そして、空撮。楽しみが、また増えた。(^^)


IMG_0376

ちなみに、スキッド側で止める方法もありますが、少々不安定。DSC_0481


毎日1回の練習で、けっこう、キャッチできるようになりましたよ。

3Dプリンターで作った、ソフトランディングする為のスキッドクッション(黄色部分)です。
最近は、ハンドキャッチでなく、ほとんど着陸させてますが、Phantom3Proには、カメラの保護も
あって市販のスキッドクッション付けてますが、Phantom2には、付けてませんでした。
付けている方が着陸時のショックが少ないのは明らか。ということで、Phantom2には自作しました。

57

↑このページのトップヘ